葬儀に関する知識~心あったまる葬儀サービス~

funeral prayer

抑えたいマナー

funeral respect

葬儀に参列する時の気をつけたいマナー

急に葬儀に参列することになった場合、マナーには気をつけなければいけません。故人との別れの厳粛な場でマナーを知らないと、非常識だというレッテルを貼られます。 そこで、ここでは葬儀に参列する際に絶対に気をつけたほうが良いことをお教えします。まず、葬儀に参列する際は、遅刻は厳禁です。式が始まっている最中に到着すると、気まずい思いをします。なので、少なくとも葬儀開始の15分前には到着していた方が良いです。 また、女性の場合は、式に出席する服装に注意が必要です。喪服で出席するのはもちろんですが、ファーのストールは殺生を連想させるので厳禁です。また、光沢のあるエナメルのバッグや靴も控えた方が良いです。故人との最後のお別れの場では、控え目でシンプルな装いが大事です。

遺族と会話する時の注意点

葬儀に出席した場合、遺族との会話には注意が必要です。ほとんどの参列者は、遺族へ慰めやお悔やみの言葉を無理にでもかけてしまいがちです。しかし、遺族に慰めの言葉をかけても、さらにひどく落ちこんでしまうケースも考えられます。なので、葬儀に際しては、遺族を無理に励まそうと思う必要はありません。遺族とともにお悔やみの気持ちを持って、心静かに故人を見送りすることが大事です。 それと、葬儀の席で遺族と話す場合は、禁忌となる会話があります。たとえば、宗教、政治の話題に関しては控えたほうが良いです。また、故人の死囚や病気に関すること、臨終の様子などを詳しく尋ねる事も控えたほうが良いです。これは、遺族に対する思いやりです。参列者は気をつけることが大事です。