葬儀に関する知識~心あったまる葬儀サービス~

funeral prayer

遺言作成するポイント

funeral respect

高額な葬儀費用は心配ありません!川越の葬儀では家庭にあった予算でプランを立ててくれます。また、自宅安置が難しい時も丁寧に対応してくれますよ。

リーズナブルな価格の葬儀を八尾で提供しているのがこちらです。供養をしたくても予算が足りないという方におすすめですよ。

誰にいくら残すかを自分で決められます

自分名義の土地や金融資産を遺して死亡した場合、法定相続人が相続することになります。法定相続人とは、配偶者、子です。これらがいない場合は父母や兄弟姉妹が相続人になります。相続する割合も決められています。 しかし、介護をしてくれた妻に多く遺したい場合や、不仲だった長男には遺産を渡したくない場合もあるでしょう。又は、法定相続人以外の人に相続してもらいたい場合や、慈善団体に寄付したいなどの思いもあるかもしれません。 しかし、そういった法定相続人以外に遺産を残すには、口約束だけでは無効です。きちんと遺言作成をしておく必要があります。遺言には3パターンあります。自筆証書、公正証書、秘密証書です。それぞれに、押さえておくべきポイントがあります。どれも遺産配分は自分で決めることが出来ます。しかし不備がないように、法律の専門家に相談して作成するほうがいいでしょう。

法律のプロに添削してもらうほうが安心です

自筆証書は文字通り、自分で手書きをします。特に様式はありませんので便箋などに書いても問題ありません。 公正証書は公証人に作成してもらい、原本は公証役場で保管されます。そのため偽造や盗難の心配がなく、法的にも不備がないものですから安心です。しかしいくつかの手続きが必要になります。証人を2人つけなければならないほか、戸籍謄本や、土地が含まれているなら登記簿謄本などが必要です。手数料もかかります。 秘密証書は自分が死ぬまで、他人に中身を知られたくない時に用います。作成後封筒に入れ、公証人と証人2人に署名捺印してもらいます。こちらは公証役場では保管しません。 これらの方法で遺言作成する際にも、具体的に何を書いていいのかわかりにくいかと思います。せっかく遺言作成しても無効になってしまっては困ります。遺言作成は法律の専門家に相談してアドバイスを受けるほうが確実です。弁護士、司法書士、行政書士などに相談するといいでしょう。無料相談を行っている事務所もあります。

葬儀は生活保護受給者でも行えます。近念では様々な業者がこのプランを打ち出しています。バリエーションがあるためチェックしておきましょう。

funeral respect

お葬式の概要

お葬式は、家族や親族が亡くなった時に行なう祭式になります。これは必ず行なわなければならないので、最近では葬儀社のサービス業者も増えてきています。葬式の形は時代とともに変化しているのです。

Read More
funeral respect

賢い業者の選び方

最近では、葬儀に関する業者が増えてきました。中でも遺品整理を行なう業者を利用する人も増え、たくさんの遺品も素早く整理してもらうことが出来ます。ネットで業者を探してみると良いでしょう。

Read More
funeral respect

抑えたいマナー

葬儀に参列する際には、きちんとマナーを守ることが大切です。葬儀はとても厳粛な場なので、マナーを守らずにいると顰蹙をかってしまう可能性もあります。洋服や参加時間など様々な点に注意しましょう。

Read More